Cyberpunk 2077 ゲーム

【サイバーパンク2077】ナイトシティの歩き方 - サント・ドミンゴ

サントドミンゴアイキャッチ

今回の"いいものさがし"は、世界中のゲーマーが11月19日の発売を待ち望む『サイバーパンク2077』を取り上げていきます。

『サイバーパンク』世界に生きる僕が、舞台である『ナイトシティ』の歩き方を"観光ガイド風"にご紹介するシリーズ。
シリーズの他の記事は、コチラからご覧ください!

第五回目の今回は、『サント・ドミンゴ地区』。
ナイトシティでも古い歴史を持つ地区で、古い住宅街や工場、発電所が立ち並ぶ地区です。

今回も画像をたくさん用意したので、旅行サイトを見るような感覚で、ナイトシティ観光を楽しんでください!
(※サイト内の画像によっては、クリックすると大きな画像で見ることができます!)

しっかり復習!ナイトシティ概要

今回も、ナイトシティの地図をしっかり復習して、位置関係を把握しておきましょう!
ナイトシティは、主に6つのエリアに分かれています。

サントドミンゴ地図

6つのエリアに分かれているナイトシティ。戦果を免れた歴史と労働者の街サント・ドミンゴはバッドランズとナイトシティを地理的に隔てる役割を果たしている。
引用元:https://www.reddit.com/user/Svale_Chow/

  1. Watson (ワトソン)
  2. City Centre (シティ・センター)
  3. Westbrook (ウエストブルック)
  4. Heywood (ヘイウッド)
  5. Santo Domingo (サント・ドミンゴ)
  6. Pacifica (パシフィカ)

ナイトシティ郊外の『Badlands(バッドランズ)』には、カリフォルニアの原風景が残ります。
(※このサイトでは、お客様の安全を考慮しバッドランズへのご旅行は推奨していません。)

さらに詳しいナイトシティの情報は、第一回の記事をご覧ください!

こちらもCHECK

ワトソンの歩き方
【サイバーパンク2077】ナイトシティの歩き方 - ワトソン

11月19日発売予定『サイバーパンク2077』。
その舞台となる"ナイトシティ"の歩き方!
第一回は、北部の人気スポット『ワトソン』を取り上げます。

続きを見る

今回は、地図に赤く囲っている戦前の風景が残る街『Santo Domingo(サント・ドミンゴ)をご紹介します!

 

サント・ドミンゴ - 戦火を免れた歴史ある町並み

santodomingo

サント・ドミンゴのパノラマビュー。ランチョ・コロナドの住宅街が手前に広がっている。
引用元:https://twitter.com/CyberpunkGame/status/1283053642556342276/photo/1

サント・ドミンゴは、一部のマニアから人気のある地域として有名です。
歴史マニアと工場マニア。スラムの雰囲気を好むモノ好きも訪れます。

第四次企業戦争の戦火を免れたサント・ドミンゴは、被災者キャンプとしての役割を果たしました。
現在では、戦前の住宅街が立ち並び、企業が工場や発電所を建設しています。

サント・ドミンゴは、さらに詳しく2つの地区に分類することができます。

  1. Arroyo(アローヨ)
  2. Rancho Coronado(ランチョ・コロナド)

順番に見ていきましょう!

Arroyo(アローヨ) - ジャンクヤードと工場が立ち並ぶ地区

arroyo

ナイトシティ中心部へと向かうアローヨのメインストリート。
引用元:https://twitter.com/CyberpunkGame/status/1283053642556342276/photo/2

アローヨは、アラサカやペトロケムなど大企業の工場や発電施設が立ち並び、労働者たちが日々通います。
ジャンクヤードも多く、工場はギャングからの襲撃に備えセキュリティを整えています。

観光客からは無縁のエリアと思われがちですが、ハイテク企業の工場やジャンクヤードは、一部のマニアを惹きつけて止みません!
また、成長途上の街でもあるので、変化してゆく町並みを目に焼き付けて帰る方々もいらっしゃいます。

Rancho Coronado(ランチョ・コロナド) - 労働者たちが住む戦前の住宅街

ranchocoronado2

ランチョ・コロナドの住宅街は20世紀中頃のオールドスタイルが今も残る。
引用元:https://twitter.com/CDPRJP/status/1308348438271143939/photo/1

アローヨで働く労働者たちは、ランチョ・コロナド出身が多いと聞きます。
自給自足の文化が残るこの地区は、地理的にナイトシティとバッドランズを隔てる国境のような役割を果たしています。
バーや学校、レストランや公園にいたるまで、彼ら独自の文化が色濃く反映されています。

ナイトシティから離れるほど、スラムのような雰囲気が強くなり、ランドマークの巨大ダムの下にも彼らの居住空間が作られています。
この独特な文化や暮らしは、この地区でしか見ることができないので、ぜひ防犯対策を怠らず足を運んでみてください。
20世紀中頃の住宅スタイルが今も残り、歴史マニアは一度は訪れたい地域です!

ranchocoronado

ダム下に広がるスラム地区。
引用元:https://twitter.com/CyberpunkGame/status/1283053642556342276/photo/3

次回は・・・

いかがでしたか?

今回は、戦前のナイトシティが残る『サント・ドミンゴ』についてご紹介しました。

次回の”いいものさがし”では、最後の地区、ナイトシティ最大のコンバットゾーン『パシフィカ』について見ていきたいと思います!
それでは次回もよろしくお願いします!

次回の記事↓

こちらもCHECK

パシフィカアイキャッチ
【サイバーパンク2077】ナイトシティの歩き方 - パシフィカ

11月19日発売予定『サイバーパンク2077』。
その舞台となる"ナイトシティ"の歩き方!
最終回は、無法地帯とかしたリゾート開発地『パシフィカ』を取り上げます。

続きを見る

『ナイトシティの歩き方』全シリーズ紹介

第1回

ワトソンの歩き方
【サイバーパンク2077】ナイトシティの歩き方 - ワトソン

11月19日発売予定『サイバーパンク2077』。
その舞台となる"ナイトシティ"の歩き方!
第一回は、北部の人気スポット『ワトソン』を取り上げます。

続きを見る

第2回

シティセンターの歩き方
【サイバーパンク2077】ナイトシティの歩き方 - シティ・センター

11月19日発売予定『サイバーパンク2077』。
その舞台となる"ナイトシティ"の歩き方!
第二回は、ナイトシティの心臓部『シティ・センター』を取り上げます。

続きを見る

第3回

ウエストブルックの歩き方
【サイバーパンク2077】ナイトシティの歩き方 - ウエストブルック

11月19日発売予定『サイバーパンク2077』。
その舞台となる"ナイトシティ"の歩き方!
第三回は、住みたい街No.1!『ウエストブルック』を取り上げます。

続きを見る

第4回

ヘイウッドの歩き方
【サイバーパンク2077】ナイトシティの歩き方 - ヘイウッド

11月19日発売予定『サイバーパンク2077』。
その舞台となる"ナイトシティ"の歩き方!
第四回は、ナイトシティのベッドタウン『ヘイウッド』を取り上げます。

続きを見る

第5回

サントドミンゴアイキャッチ
【サイバーパンク2077】ナイトシティの歩き方 - サント・ドミンゴ

11月19日発売予定『サイバーパンク2077』。
その舞台となる"ナイトシティ"の歩き方!
第五回は、歴史ある町並み『サント・ドミンゴ』を取り上げます。

続きを見る

第6回

パシフィカアイキャッチ
【サイバーパンク2077】ナイトシティの歩き方 - パシフィカ

11月19日発売予定『サイバーパンク2077』。
その舞台となる"ナイトシティ"の歩き方!
最終回は、無法地帯とかしたリゾート開発地『パシフィカ』を取り上げます。

続きを見る

-Cyberpunk 2077, ゲーム
-, ,

© 2020 いいものさがし Powered by AFFINGER5